一般教育機構 人間科学領域人文科学Humanities

JapaneseEnglish

研究室HP

写真掲載無用

医学や看護学は自然科学と人文・社会科学との複合領域的な性格をもつだけに、医学生や看護学生は文化や社会について幅広い教養を身につけ、人間理解を深める必要がある。人文科学は一般教育におけるリベラルアーツの中核的役割を担っている。現代表者は竹田浩一准教授。1951年3月石川県生まれ。1976年3月京都大学文学部卒業、1978年3月同大学大学院文学研究科修士課程修了、1982年3月同大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学、同(昭和57)年4月1日に本学講師着任。ホワイトヘッドの「有機体の哲学」、ならびにライプニッツのモナド(単子)論を研究。本学奉職を機に西田哲学の研究を開始。また、本居宣長の思想に対しても哲学の見地から研究。さらにアリストテレスについての研究をすすめている。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email: k-takeda@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

准教授

  • 竹田 浩一

主な研究業績

部門別研究業績

  • アリストテレス『分析論後書』における帰納と論証 金沢医科大学教養論文集 竹田浩一 2010
  • アリストテレスの『形而上学』における自体的に〈あるもの〉 金沢医大教養論文集 竹田浩一 2009
  • 弁者の論理思想と古代ギリシャ哲学 金沢医大教養論文集 竹田浩一 2007
  • アリストテレスにおけるアナロギア 金沢医大教養論文集 竹田浩一 2006
  • ライプニッツの論理計算について 科学基礎論研究 竹田 浩一 1988

主な外部研究資金

  • 1993 文部科学省 竹田 浩一 人文科学 講師 科学研究費補助金 一般研究(C)
    形式体系と具体的モデルという観点からの西田幾多郎の哲学の新解釈 80万円